街をピクセル化する

Pixel X は、街をピクセル化するという使命を帯びています。ピクセルはゲーム専用ですよね? もともと、その通りです。しかし、現実世界が写真のようにリアルな 3D をゲームの世界に持ち込もうとしているのと同じように、ピクセル アートは現実世界に侵入する運命にあります。

すべては、ID Software が最初の FPS 3D ゲームである Wolfenstein 3D をリリースした 2004 年に始まりました。すぐにすべてのゲーム会社が 3D の波に乗りました。ピクセル アートはピクセル税と呼ばれました。

ピクセル アートは死んでいたわけではなく、日本のネオン街で地下に潜っただけです。そして、日本の会社である任天堂がアタリの失敗からゲーム業界を救ったのと同じです。日本のピクセル アーティストと任天堂は、その後もピクセル アートとゲームの真髄を街に残し続けました。

ビデオゲームが登場する前、任天堂は花札を販売していました。任天堂は本質的にストリートで生まれました。ニンテンドースイッチ、マリオカートゴーキャッツ、ユニバーサルテーマパークで、任天堂は原点に立ち返り、ゲームをストリートに戻そうとしています。

10年後、ピクセルアートは戦争に負けましたが、破壊の灰の中で、アンダーグラウンドの日本のアーティストたちが再び立ち上がることになります。コンピューターがより手頃な価格になったため、独立系ゲーム開発者は、ピクセルアートの方が3Dアートよりもゲームを作るのに安価であるため、ピクセル税は嘘だと気づきました。すぐに、新しい世代が再びピクセルアートに触れ、それが単なるゲームアート以上のものであることに気づき始めました。

日本では、ピクセルアーティストはピクセルを使ってゲームを作るのではなく、デジタルアート、アニメーション、グラフィティ、さらには布地まで作っていました。彼らは、ピクセルアートがゲームだけのものではなく、非常に抽象的で表現力豊かなデジタルアート形式であることを証明し続けています。

任天堂がストリートで生まれたのと同じように、Pixel X の目標は、シャツ、ステッカー、グラフィティ、アーケード キャビネット、そして将来的には AR テクノロジーを通じて、ピクセル アートをストリートに戻すことです。

シャツが1枚売れるごとに、いつか私たちを助けることになります。

街をピクセル化する